ルーラルスクール

こころやカラダにいいこと始めよう。
もうひとつの生き方を考える、田舎暮らしの学校。  

田舎暮らしのデザイン

パーマカルチャー

2013年4月春、パーマカルチャー教室でスパイラルガーデンを作りました。講師はパーマカルチャー関西の橋本憲一郎さん。2014年にはGWにバイオジオフィルターづくり、雨水タンクの設置を行いました。

アーツ&クラフツビレッジでは廃校の校庭や周辺の耕作放棄地をお借りし、パーマカルチャーや自然農の考え方をベースにお米や花、野菜づくりを試みています。

オーストラリアのビル・モリソンとデヴィッド・ホルムグレンによって作られたパーマカルチャーは 、パーマネント (永続的な) アグリカルチャー(農業)を組み合わせて作られた言葉です。 カルチャーは文化。

Care of the Earth (地球への配慮)
Care of People (人への配慮)
Fair share (競争ではなく、協力、わかちあい)

この3つの倫理に基づき、様々な原理が展開されていきます。 基本は日本の里山でかつて展開していた人と自然が有機的に結びついた 暮らし方に通じます。 農的暮らしのデザインから衣食住、すべての人間生活のデザイン 、新しい生き方を考えていきます。

 

体験プログラム

         NEW!2016年 

アーツ&クラフツビレッジに滞在して、スタッフとともに生活しながら、田舎暮らし、モノづくりの実際を学ぶプログラムです。

*農的暮らし
畑、自然農の田んぼ、鶏、アーツ&クラフツビレッジとその周りの里山の見学、自然の循環や土などについて、農作業、庭仕事を通して学びます。

*火を焚く暮らし 
薪ストーブ、ロケットマスヒーター、ロケットストーブオーブンの使い方を学びます。
かまどで火を起こして、山の水でご飯を炊いたり、石窯でピザやパンを焼いたり、山菜をつんで料理をしたり、ジャムをつくったり、自然とともに暮らします。
冬は毎日、火おこしから1日が始まります。夏もかまどやピザ窯、BBQの炭の火起こしなど、火を焚くことは1年中かかせません。


*モノを作る暮らし

木工房で木を削ったり、染織工房では織り、染め、糸紡ぎなど、様々な仕事があります。木やウール、綿、麻など、様々な素材に触れ、日々の暮らしに必要なものを作っていきます。
(スプーン作りなど、木工教室や織物、染め、糸紡ぎなどの教室にはオプションで割引料金で参加していただけます。)

* 異文化とのふれあい
アーツ&クラフツビレッジでは海外からのお客様やボランティアスタッフが常に滞在しています。主な共通言語は英語です。
共に生活する中で、様々な国の文化、暮らしに触れることができます。

実施要領
 滞在期間   3泊4日以上、ご希望の日程をお申し込みください。
       (長期滞在をご希望の方はご相談ください)
       
 宿泊場所  アーツ&クラフツビレッジ内 男女別の相部屋
       個室希望のかたは配慮します(別途実費必要)
       
 スケジュール 初日 17;00受付 オリエンテーション 
           ウエルカムディナー
        最終日 朝食後 10;00終了
           (終了後、体験教室などへご参加できます)
        
 日々の暮らし(例)
 〜9:00  朝食 
  9:00〜12:00  Work 1

  12:00〜13:00  昼食
  13:30〜15:30  Work 2
              自由時間
  19:00〜20:00 夕食
  20:00〜22:00 日によっては映画または講義

参加費   3泊4日 20,000円 (食費、光熱費、プログラム費込み)
      延長可(4泊目からは1泊ごとに3,000 円追加)

      
オプション 自由時間もしくは終了後に木工、染織体験教室に参加される      場合は、3割引で参加できます。(材料費実費必要)


送迎    JR美作追分駅またはJR亀甲駅まで送迎可。
       (ガソリン代実費ご負担ください)


注1) こちらの冬は非常に寒いです。氷点下になるときもあります。

注2) 食物アレルギー、猫アレルギーの方はお知らせください。 
注3) Work1,2の内容は季節やその時々で変化します。
    畑、庭仕事などの外仕事や、染織の下仕事など様々です。
注4) 食事の準備、後片付け、掃除などはビレッジスタッフと参加者が   一緒に行います。

応募方法 メールで以下のことをお知らせください。
      お名前、年齢、性別、ご住所、メールアドレス
     1 簡単な自己紹介
     2参加するにあたっての動機、希望などを書いた文章
      (字数自由)
       顔写真を添付の上、送ってください。

       メール送り先 arts-crafts@cyerry.net
      
お受けできない日程もありますので、メール受領後、受け入れの可否を
ご連絡いたします。お問い合わせ先も上記メールでおねがいします                             

テント小屋の庭 ソーラーパネル まきび 稲刈り

Resurgence を読む会(英語の時間)

Resurgence

イギリスでシューマッハカレッジを開いたサティシュ ·クマールさんが主宰する雑誌、『リサージェンス』を英語で読む会を開いています。環境問題、社会正義、アートや、持続可能な新しい生き方についての様々なテーマを選んで、原書を読み、語り合います。

英語のチューターは英検1級を持つ玉置麻子さんが担当。 アーツ&クラフツビレッジ在住の英語圏からのスタッフも参加し、国際色豊かな集まりになっています。

2016年現在休講中です。
2014年、2015年には玉置麻子さんとアーツ&クラフツビレッジ在住の英語圏出身スタッフを講師に, 一緒に生活して英語を学ぶEnglish Weekendを開きました。  
2016年春 Emglish Weekend開催予定です。

Next Meeting

次回の日程、テキストなどについてはフェイスブック
をみてください。

綿のプロジェクト

綿のプロジェクト

 

肥料や農薬を使わずに綿を育て、糸を紡ぎ、布を織るプロジェクトを2012年から始めています。
収穫した綿は少量ですが、紡いで糸にして、織物や編み物に使います。

年間のスケジュール  
5月   種まき  
7月   摘芯  
8月   開花・草取り  
10月末〜12月 綿つみ  
 

コットンプロジェクト 綿ボール